お特な割り引きクーポン。
プリントアウトして
お店に持って行こう!

よみタイムVol.81 1月25日号
イベント情報






 連載コラム
 [医療]
 先生おしえて!

 [スポーツ]
 ゴルフ・レッスン

 NY近郊ゴルフ場ガイド


 [インタビュー]
 人・出会い
 WHO
 ジャポニズム
 有名人@NY

 [過去の特集記事]

 よみタイムについて
 
よみタイムVol.81 1月25日発行号
囲碁を囲んで楽し〜く
月2回ワークショップ
NY囲碁アミーゴ発足


奈尾さん(中央)から囲碁を教わる初心者たち

 土曜日の昼下がり。イーストサイド52丁目にあるニューヨーク囲碁センターに、次々若者や子連れの主婦が入ってくる。どこにも広告していない。友達が友達を誘って輪が広まっているという。大半がビキナーだ。
 教えるのは奈尾さんと副代表の鈴木祐子さん。ビギナークラスと級位者の二つのワークショップに分かれて指導している。
 奈尾さんは、小学校のころから碁を覚えて、今では7段の腕前。日本では、地方の大会で何度か優勝している実力者。ニューヨークに赴任してまだ、日も浅いが日本クラブの大会でも優勝をさらっている。
 初心者クラスのために、奈尾さんは、簡単に碁の歴史をひもとく。パネルに「琴棋書画」と書いて「囲碁は音楽や書、絵画と同じく単なるゲームではなく、芸術文化なんですね。中国2000年の歴史からルールは何も変わっていないんです」とわかりやすく話す。
 このあと、基本ルールを入門用のプリントに沿って説明。「黒白交互に打つ」「陣地が多い方が勝ち」「石を囲むと取れる」「打ってはいけない場所がある」など碁石を使って懇切丁寧に教える。
 「囲碁のルールは将棋などに比べ最も簡単。だれでもすぐ、実戦で戦えます」とビギナーに興味をそそらせる。事実、2週目からは9路盤で実戦での練習も行っている。
 奈尾さんは、日本にいた時、05年に設立された「囲碁アミーゴ」の運営幹事だった。20代から40代の未経験者と級位者が集まって囲碁を楽しもうという趣旨だ。文字通り囲碁を始めるアミーゴ(仲間)を増やし、すそ野を広げていこうということだ。
 そのニューヨーク版が「NY囲碁アミーゴ」。現在は若い駐在員が主だが、長い期間ニューヨークに住んでいる人、さらには米国人にも輪を広げていきたいという。鈴木副代表は「囲碁だけ打つのではなく、お互い交流を持って人の輪を大事にしていきたい」と話している。

NY囲碁アミーゴ
ワークショップ(第五回)
1月26日(土)2:00pm
開催場所:New York 囲碁センター
323 E. 52nd St.
(52 St、1 Ave と 2 Ave の間)
TEL: 212-223-0342
問合せ:yuko_jami@yahoo.co.jp