2017年05月12日号 Vol.301

明るく大胆な作風
星野光江・染織展



染織家・星野光江(ほしの・みつえ)の個展が5月11日(木)から24日(水)まで、日本ギャラリーで開催。
星野は女子美術大学で、著名な染織工芸家・柳悦孝から染めと織りの伝統的な技法を学び、卒業後まもなく国展に入選した。
今回の個展では、右身ごろ、左身ごろ、衽(おくみ)、襟、袖と染め分けをした絹糸を経糸(たていと)に、手織りで一本一本絣(かすり)に織り上げた着物13点を含む計79点を展示予定。
星野が使うのはまず植物染料、その上に化学染料で色を足し、百年たっても色あせない染織を目指している。繊細なグラデーションで、独創的な配色を施した作品群は、鮮やかで見る人の心を明るくする。その大胆な作風で、星野の着物は能や映画の衣装にもよく使われる。

■5月11日(木)〜24日(水)
■会場:日本ギャラリー
 145 W. 57th St., 7Fl.
■TEL: 212-581-2223
 info@nipponclub.org
■入場無料
www.nipponclub.org



HOME