2017年06月09日号 Vol.303

マグナム・マニフェスト
Magnum Manifesto


Cherries spilled on crosswalk, New York City, USA, 2014 © Christopher Anderson / Magnum Photos


Villagers collecting scrap from a crashed spacecraft, Altai Territory, Russia, 2000 © Jonas Bendiksen / Magnum Photos


世界で最も有名な写真エージェンシー、マグナム・フォトは、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デイヴィッド・シーモアの4人の写真家によって1947年5月に結成された。現在はさらに、マーティン・パー、アウレック・ソス、スーザン・マイスラス、パオロ・ペルグラン等が加わり、レポーターとアーティストとしての写真家の役割を併せ持つインテリジェンス集団として、これまで70年近く、また現在も続くその活動はよく知られてきた。マグナム創立70周年を記念し開催される本展では、その特徴とも言える、芸術作品として、また現実の記録写真としての要素を併せ持つ優れた作品を網羅。マグナムとそれぞれの作家の重要性を再考する。(林 玄一)

9月3日まで
ICP Museum
250 Bowery
212-857-0000
火 – 日10:00am-6:00pm
木10:00am-9:00pm、月休館
大人:$14、シニア:$12、 学生:$10
14歳以下無料 (要保護者同伴)
入場料任意:木 6:00pm-9:00pm
www.icp.org



HOME