2017年06月09日号 Vol.303

1日限り、NYC野外無料コンサート
「メイク・ミュージック・ニューヨーク」


昨年の様子 (Photo © MakeMusicNewYork)


1日限りのコンサート「メイク・ミュージック・ニューヨーク(MMNY)」が6月21日(水)、ニューヨーク市内各所で開催される。一年で最も昼(日の出から日没まで)が長い「夏至」に行われるイベントで、今年で11回目。路上、広場、公園などのパブリック・スペースで午前10時から午後10時まで、ヒップホップ、オペラ、ラテンジャズ、パンクロックなど、あらゆるジャンルの音楽が演奏される。毎回、1000を超えるライブが予定されるNYC最大の屋外無料コンサートだ。

不滅のジャズ・シンガー、エラ・フィッツジェラルド誕生100周年にちなみ、「エラ・フィッツジェラルド・ピアノ・バー」が、ハーレムとイースト・ハーレムで開催。キーボードと音響システム積み改造したピックアップトラック「ピアノ・バー」が、アポロシアターやレッド・ルースターなど5ヵ所を巡る。各停車スポットで45分間、エラのヒットソングを演奏する。

セントラル・パークやブルックリン・ボタニック・ガーデン(BBG)、コロナパークなど、市内6ヵ所の公園内で「インサイド・ザ・バード・コーラス」が開催。鳥のさえずり、風の音、木立のざわめきなど、自然との共演だ。作曲家でクラリネット奏者のデビッド・ローゼンバーグが、夕方5時半からBBGで演奏予定。

フランスの作曲家ジェラール・グリゼーの曲を演奏する「ル・ノワール・ド・レ・エトワール」は、アメリカ自然史博物館内のユニバース・ホールで開催。パーカッショニストの片岡綾乃も参加する。

関連イベントとして、フォーク・フェスティバル「ポーチ・ストンプ」(17日)がガバナーズ・アイランドで、パンク・ミュージシャンが集結する「パンク・アイランド」(18日)がランドールズ・アイランドで開催。

Make Music New York
■6月21日(水)10:00am-10:00pm
■会場:NYC内各所
www.makemusicny.org
※全スケジュール詳細は上記ウェブサイトで



HOME