2017年06月09日号 Vol.303

「さろんシリーズ」公演
 伊藤さちよ&カンパニー


日本舞踊の「伊藤さちよ&カンパニー」主催の「さろんシリーズ第60回記念公演」(後援 在ニューヨーク日本国総領事館)が、6月18日(日)、マンハッタン東25丁目の市立大学バルーク校パフォーミングアーツセンターで開催される。英題は、「Japanese Classical Dance: from Kabuki to Contemporary」。
「さろんシリーズ」は、舞踊に重点を置きながら、日本の伝統芸能に対する理解を多くの人に深めてもらおうとの趣旨で、年3回開いている。今年で19年目を迎える。
今回は記念すべき60回目とあり、日本から日本舞踊家・藤間省吾氏を招き、古典作品と現代作品を組み合わせての公演となる。
第一部は古典作品。 オープニングは、雅楽越天楽を生演奏による古代の禊(みそぎ)から始める。次に歌舞伎舞踊「松廼羽衣」「晴天の鶴」「将門」抜粋、そして伊藤さちよ創作作品「早春」。
第二部は、チェロ、琵琶、尺八、歌、太鼓、詩朗読等を使っての生演奏による現代作品。最後に、インド、中近東、西洋舞踊の舞踊家を交え、文化、民族、人種を超えての理解を訴える作品で締めくくる。

■6月18日(日)5:00pm
■会場:Baruch Performing Arts Center
 55 Lexington Ave.,
■一般$26、学生$21
https://web.ovationtix.com/trs/pr/969471
■詳細:伊藤さちよ&カンパニー
 dancejapan.com



HOME