2017年07月07日号 Vol.305

アーバン・ライフを提案
シマノ自転車、ソーホーで


自転車がディスプレイされた店内


日本から来米した神保企画部長


日本が世界に誇る自転車のシマノ(英名SHIMANO INC.本社:大阪府堺市)は、6月23日(金)から8月20日(日)まで期間限定で、米国初となるアーバン・コンセプト・ストア「シマノ・バイク・NYC」をオープンしている。
シマノは1921年、島野庄三郎が大阪府堺市にて島野鉄工所を創業。ベアリングの品質が悪かった国産フリーホイール(ペダルを回し続けなくても惰性で進むような機構を組み込んだ駆動輪)の品質を向上させ、自転車製造を開始。現在は世界最大の自転車パーツメーカーであり、トップブランドとして世界中の自転車愛好家から信頼を得ている。
同店には、ムーツやシンデルハウアーなど、欧米を代表する様々な自転車メーカーの賛同を得て、新たに シマノの新アーバン・コンポーネンツ・ブランド(アルフィーネ、メトレア、ステップス)を搭載した最新ブランドモデル33台が集結。6月22日に開かれたオープニングレセプションでは、日本からバイシクルコンポーネンツ事業部の神保正彦企画部長が来米した。
「シマノ・バイク・NYC」では、小売を行っていない。新車試乗や、ワークショップや各種関連イベントを開催することで、「自転車がある快適なアーバン・ライフの提案」を目的としている。

Shimano Bike NYC
■8月20日(日)まで
■住所:473 W Broadway
■Tel:646-318-9496
■営業時間: 11am〜7pm
 月曜定休
www.shimanobike.nyc



HOME