2017年08月11日号 Vol.307

風光明媚な野外シアター
「ハドソン・バレー・シェークスピア・フェスティバル」


Photo by Yomitime


Photo by William Marsh


2014年に上演された「オセロ」HVSF's Othello, 2014. Photo by William Marsh


1808年に建てられた歴史的建造物「ボスコベル邸」=写真内左=。その庭園に設置された特別テント=写真内右=で、「ハドソン・バレー・シェークスピア・フェスティバル」が開催中だ。
緑に囲まれ、遠くに山を望む絶景をバックに、シェークスピアの人間ドラマが繰り広げられる。

6月に開幕した同フェスティバル、残りの話題作を駆け足で紹介しよう。
シェイクスピア喜劇の最高傑作とも評される「十二夜(Twelfth Night)」は、三角関係を軸にしたドタバタコメディ。
同じくシェークスピアの 「恋の骨折り損(Love's Labour's Lost)」は、学問のために禁欲を決意したした国王と3人の貴族が、美しい女性たちを前に、ひとめぼれ。学問か、恋愛かと悩んだ末に「恋愛解禁」を宣言するコメディ。
ジェーン・オースティンの同名小説が原作の「高慢と偏見(Pride and Prejudice)」は、誤解や偏見から起こる恋愛のすれ違いをテーマにしたラブストーリー。

また、「恋の骨折り損」は、「ボスコベル邸」以外でも上演される(日程・会場は別記)。
巨大彫刻が展示された「ストームキング・アートセンター」、東海岸で最古といわれるファミリー農場「スペース・オン・ライダー・ファーム」、ハドソン川を望む「ハドソン・リバー・ミュージアム」、コネチカットの「リッジフィールド・プレイハウス」など。
都会の喧噪から離れた風光明媚な野外シアターで、のんびりと観劇したい。

▼ボスコベル邸
行き方(電車)


グランドセントラル駅からメトロ・ノースの「ハドソンライン」で「コールド・スプリング駅」下車(約70~80分程)。タクシーで「ボスコベル邸」へ(約5分程)。平日に訪問する場合は、1〜2日前までにタクシー予約(電話番号別記)を奨励している。

Hudson Valley Shakespeare Festival
■9月4日(月) まで (雨天決行)
■会場:Boscobel House and Gardens
 1601 Route 9D, Garrison, NY
■Box Office:845-265-9575
■料金:演目により異なる
hvshakespeare.org
※Cold Spring Taxi:845-265-2200

「恋の骨折り損」近郊ツアー
■8月12日(土)2:00pm
■会場:Ridgefield Playhouse
 80 E Ridge Rd, Ridgefield, CT
■無料

■8月19日(土) 8:00pm
■会場:Hudson River Museum
 John F. Kennedy Memorial Drive
 and Trevor Park, Yonkers
■無料

■8月20日(日) 2:00pm
■会場:SPACE on Ryder Farm
 406 Starr Ridge Rd., Brewster, NY
■大人$5、子供無料

■9月1日(金) ・2日(土)6:00pm
■会場:Storm King Art Center
 1 Museum Road, New Windsor, NY
■大人$35、シニア$32、5-18歳$25 
 ※同園入場料込み



HOME