2017年12月1日号 Vol.315

ホリデーオペラ2選
モーツアルト最晩年の傑作「魔笛」
グリム童話でお馴染み「ヘンゼルとグレーテル」


「魔笛」Charles Castronovo as Tamino in Mozart's Magic Flute. Photo: Richard Termine/Metropolitan Opera


「ヘンゼルとグレーテル」A scene from Humperdinck's Hansel and Gretel. Photo by Cory Weaver/Metropolitan Opera


▼魔笛

ホリデー・ファミリー・オペラの定番、英語版「魔笛」は100分にまとめられ、「ライオンキング」や「スパイダーマン」を手掛けトニー賞受賞のジュリー・テイモアの楽しい演出は、ミュージカル感覚でオペラ初心者や子どもにも十分楽しめそう。
「魔笛」は、モーツァルトが晩年に書いたジングシュピーゲルと呼ばれるドイツ語による大衆演劇で今日のミュージカルに匹敵する。
このオペラは、台本を書いた旅一座の興行主で歌手俳優のヨハン・エマヌエル・シカネーダがモーツァルトに創作を依頼し、1791年9月30日、モーツアルト自身の指揮、シカネーダの「鳥刺しのパパゲーノ」役で初演された。モーツァルトはその年12月5日に亡くなくなり、最後まで「もう1度魔笛を聴きたい」と言っていたほどこのオペラをこよなく愛していたという。「魔笛」は大ヒットし、1年あまりの間に100回も上演された。
誰でも知っている極上のモーツアルトの音楽、中でも「夜の女王」の有名なアリア、そして鳥刺しパパゲーノ役をやらせたら右に出る者はいないネイサン・ガンのコミカルな演技は必見!

●あらすじ
古代エジプトが舞台。森の奥の岩山で王子タミーノが大蛇に追われて気絶する。夜の女王に仕える3人の侍女が王子を助け、夜の女王の娘パミーナの肖像画を見せる。美しい絵姿に魅了されたタミーノは悪者に捕らえられているというパミーナを救うため、鳥刺しパパゲーノを従え、イシスとオリシス神の大祭司ザラストロの殿堂に赴く。ザラストロは悪者ではなく偉大な祭司で、世界征服を企む夜の女王の邪悪な野望の犠牲とならないようにパミーナを保護しているのだった。タミーノは困った時に役立つという魔法の笛を、パパゲーノは魔法の鈴を3人の侍女から渡され、3人の童子の案内で旅立つ。タミーノは、パミーナを助けるには水と火の試練を乗り超えるまではパミーナと口を利いてはならないとザラストロに命令される。パパゲーノは理想の相手パパゲーナと出会い、タミーノも試練に耐えてパミーナと結ばれる。夜を支配する女王は雷に打たれて闇に堕ち世界は平和を取り戻す。

▼ヘンゼルとグレーテル

誰でも知ってるグリム兄弟の童話を作曲者の妹、アーデルハイト・ヴェッテが台本を書いた兄妹の共作。
フンパーディンクはイギリスの同姓同名の歌手とは別人。若い頃、ワーグナーに出会い、「パルジファル」の準備をしていたワーグナーの助手としてバイロイトで仕事をしたことから多くの影響を受けている。
「ヘンゼルとグレーテル」は、物語に相応しく親しみやすい民族風の旋律やファンタスティックな美しさが散りばめられているが、ワーグナーを彷彿させる壮大なスケールのオーケストレーションも兼ね備えている。

●あらすじ
母親ゲルトハートに叱られて、森に野いちごを摘みに出されたヘンゼルとグレーテルは、道に迷い森で一夜を明かす。目が覚めるとお菓子の家を発見するが、お菓子の魔女に捕えられてしまう。二人は必死に機転をきかせ、魔女をかまどに押し込みやっつける。魔法が解けたために捕らえられていたほかの子供たちも助かって、駆けつけた父親ペーターと母親も加わってみんなで喜びを分かち合う。(針ケ谷郁)

THE MAGIC FLUTE(魔笛)
■11月30日、12月4日、7日、9日(M)
■ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
英語上演
■原作:ヴィーラント童話集、ギーゼケの「オベロン」を基にしたエマヌエル・シカネーダの台本
■初演:1791年ウィーン、ヴィーデン劇場
■演出:ジュリー・テイモア
■指揮:エヴァン・ロギスター
■配役:鳥刺しパパゲーノ:ネイサン・ガン
パミーナ:ハンナ・エリザベス・ミュラー
夜の女王:キャスリン・レウェック
タミーノ:チャールズ・カストロノーヴォ
ザラストロ:トビアス・ケーラー


HANSEL AND GRETEL(ヘンゼルとグレーテル)
■12月18日/22日/26日/28日(M)/30日、1月1日/6日(M)
■エンゲルベルト・フンパーディンク 作曲 英語上演
■原作:グリム童話、ヴェッテの台本
■初演:1893年ヴァイマル
■演出:リチャード・ジョーンズ
■指揮:ドナルド・ル二クルズ
■配役:ヘンゼル:タラ・エラート/インゲボルク・ギレボ
グレーテル:リゼッテ・オロペサ/モーリン・マッケイ
ゲルトハート(母親):ドローラ・ザジック
ペーター(父親):クイン・ケルシー/ドゥウェイン・クロフト
お菓子の魔女:ゲルハート・ジーゲル

■チケット:212-362-6000
www.metoperafamily.org


HOME