2018年2月9日号 Vol.319

第7回 311追悼式典
アッパーウエストの教会で3月4日



東日本大震災の被災者の追悼と、被災地支援継続のための「第7回トゥゲザー・フォー・311追悼式典」が3月4日(日)、西68丁目のファースト・チャーチ・オブ・クライスト・サイエンティストで開催される。参加は無料。
東日本大震災から7年。当時はまだ小学生〜高校生だった子供たちが、今年は成長した姿でスピーチを行う。総領事館からは高橋礼一郎大使、JSからは櫻井本篤理事長が出席、挨拶する。
日本からは、内掘雅雄・福島県知事がビデオ参加するほか、福島県立ふたば未来学園高等学校生徒代表が出席。宮城県や岩手県からも多くの個人・団体がビデオを通して、被災地から生の声を伝える。
司会は、「トゥゲザー・フォー・311」主宰で、フェローシップ・フォー・ジャパンのAKアケミ・カキハラ氏が務める。
この追悼式典への参加は予約も必要ない。「自由な服装で、気軽に参加して欲しい」と、主催団体フェローシップ・フォー・ジャパンは呼びかけている。ストローラー置場もある。また、式典は英語対応で、アメリカ人も大歓迎。
当日は任意寄付を募り、全額が在ニューヨーク日本国総領事館やジャパン・ソサエティー(JS)の基金を通して、東日本、熊本の被災地に送られる。式典は、多くのスポンサー団体の協力のもと、すべてボランティアによって運営される。

■3月4日(日)4:00〜7:00pm
 ※式典は4:45〜6:15pm
■会場:FirstChurch of Christ, Scientist
 10 W. 68th St. (@ Central Park West)
■参加費:無料(任意寄付)
 ※全額被災地に寄付
■問合せ:Togetherfor311@gmail.com



HOME