Copyright (C)2014 YOMITIME, A Division of Yomitime, Inc. All rights reserved
Vol.221:2014年1月10日号
イベント情報






 連載コラム
 [医療]
 先生おしえて!

 [スポーツ]
 ゴルフ・レッスン

 NY近郊ゴルフ場ガイド


 [インタビュー]
 人・出会い
 WHO
 ジャポニズム
 有名人@NY

 [エッセイ]
 NY人間模様
 世界の目、日本の目

 [イベント]
 1押しオペラ

 [街ネタ]
 おでかけナビ

 [特集バックナンバー]

 よみタイムについて
よみタイムVol.221 2014年1月10日発行

写真3人展「3 Views」


 3人の写真家による展示「3Views」が、1月6日(月)から31日(金)まで、市内の天理カルチュラル・インスティチュートで開催されている。3人の写真家が、それぞれの視点から「自然」をとらえ、古典印刷画技法で仕上げた作品約40点を出展。
 古典印刷画技法の中でも、写真史上最初のファインプリントとされるソルトプリント、ガムプリント、プラチナプリントが、完成度の高い大型プリントで展示されている。
 参加アーティストは、栗田紘一郎、アナ・ストリックランド、ジョナサン・クライン。
 栗田はニューヨークを拠点にする写真家で、自然との対話をテーマにした大型プラチナプリントで知られる。展示作品は、学生時代に学んだ資格心理学からヒントを得たシリーズ「Perceiving」。8×10インチカメラで撮影した複数の連続イメージを、1枚の作品にしている。栗田の作品は、日本、ヨーロッパ、アメリカの美術館にも多数収蔵されている。
 ストリックランドとクラインは、いずれも大学で写真を教えている。ストリックランドの作品は、パラジュームプリントにガムプリントをミックスした、かすかな色合いが印象的だ。クラインは、特にソルトプリントの研究で知られている。

■1月6日(月)〜31日(金)
■会場:Tenri Cultural Institute of NY
 43A W. 13th St.
 Tel: 212-645-2800
 tci@tenri.org
tenri.org