Copyright (C)2010 YOMITIME, A Division of Inter-Media New York, Inc. All rights reserved


お特な割り引きクーポン。
プリントアウトして
お店に持って行こう!

Vol.128:2010年1月15日号
イベント情報






 連載コラム
 [医療]
 先生おしえて!

 [スポーツ]
 ゴルフ・レッスン

 NY近郊ゴルフ場ガイド


 [インタビュー]
 人・出会い
 WHO
 ジャポニズム
 有名人@NY

 [過去の特集記事]

 よみタイムについて
 
よみタイムVol.128 2010年1月15日発行号
「千駄ヶ谷スタイル」NYデビュー
実力派若手オペラ歌手4人
1月30日

10組20名様
お名前、ご住所、連絡先を明記の上、
E-Mailにてお申し込みください。
宛先:info@yomitime.com
締切り:1月27日(水)まで

「千駄ヶ谷スタイル」の4人。左から長谷川忍、
高田正人、与那城敬、田上知穂

 実力派若手声楽家4人によるオペラカルテットグループ「千駄ヶ谷スタイル」が、1月30日にカーネギーのワイルリサイタルホールでコンサートを開催する。
 メンバー全員がイタリア留学経験を持ち「日本オペラ界の新しい時代を担う若手実力派グループ」との評判だ。
 「本物の音楽を身近に聞いてほしい」という理念によって結成された「千駄ヶ谷スタイル」は08年にデビュー。東京・表参道のサロンでデビューコンサートが行われ、確かな技術と美しいアンサンブル、スタイリッシュな容姿で観客を魅了。その洗練された響きに、満員の観客から熱い喝采が浴びせられた。
 今回のカーネギーコンサートは、昨年秋の表参道でのデビューコンサート後、メンバーの高田正人が09年度文化庁新進芸術家海外留学研修員としてニューヨークへ留学し、4人での演奏活動は一旦休止した。しかし、「極上のアンサンブルをぜひもう一度聴きたい」との要望も数多く「そうだ!それならニューヨークで歌おう」ということでニューヨーク・デビューが決まったという。
 4人のメンバーそれぞれが東京二期会、新国立劇場、日生劇場、小澤征爾音楽塾といった日本を代表するオペラ公演で活躍し、第九・メサイアを始めさまざまなコンサートへの出演も多数。小澤征爾、宮本亜門、ネッロ・サンティ、コンヴィチュニーなど、国内外の一流指揮者、演出家、オーケストラと共演し信頼を得ている。
 今回のコンサートでは、オペラのアリアや 重唱、日本歌曲、ミュージカルを披露する予定。その他、ピアノに中西るみ子、松村牧亜が参加。

Sendagaya Style Meets New York
1月30日(土) 8:30PM
Weill Recital Hall
@ Carnegie Hall
57th St. and 7th Ave
一般$20、シニア/学生$12
www.carnegiehall.org

メンバープロフィール
■高田正人(テノール)

 小澤征爾音楽塾特別演奏会「カルメン」、二期会公演「仮面舞踏会」(オンドレイ・レナルト指揮)、「椿姫」(宮本亜門演出)、「ナクソス島のアリアドネ」(ライフ・ワイケルト指揮)、文化庁新進音楽家育成公演「ポッペアの戴冠」、日生劇場「魔笛」N響定期公演「ラ・ボエーム」などに出演。瑞々しい響きを持った歌声で今後の活躍が期待される若手テノール。

■田上知穂(ソプラノ)
 オペラ「フィガロの結婚」(スザンナ)、「魔笛」(パパゲーナ)、「ラ・ボエーム」(ムゼッタ)、「椿姫」、05年二期会公演「メリーウィドー」、二期会ニューウェーブオペラ「ジュリアス・シーザー」、08年新国立劇場バレエ「オルフェオ」、09年錦織健オペラプロデュース「愛の妙薬」等に出演。ミュージカルでは宮本亜門演出「キャンディード」に出演。透明感のある歌唱と美しい舞台姿は常に高い評価を受けている。

■長谷川忍(メゾ・ソプラノ)
 イタリア・ボローニャにあるサン・ロッコ教会において「アミーチ・デッラ・リリカ・コンチェルト」に出演。モーツァルト「コシ・ファン・トゥッテ」、「フィガロの結婚」、ラヴェル「子供と呪文」に出演。06年、東京二期会・ハンブルグ州立歌劇場共同制作、H・スダーン指揮、P・コンヴィチュニー演出の「皇帝ティトの慈悲」アンニオ役で二期会オペラデビュー。09年、日生劇場「マクロプロス家の事」(アルミンク指揮)で美しく可憐なクリスタ役を好演。

■与那城敬(バリトン)
 06年芸術大賞を受賞した「コジ・ファン・トゥッテ」(パスカロ・ヴェロ指揮、宮本亜門演出)グリエルモ、北とぴあ国際音楽祭07「オルフェオ」アポロ、小澤征爾音楽塾特別コンサート「カルメン」エスカミーリョ等の公演に出演。最近では東京二期会公演「エフゲニー・オネーギン」(ペーター・コンヴィチュニー演出)オネーギンなどで高い評価を得ている。本格派の響きを持つ日本の声楽界を代表する若手バリトン歌手。