Copyright 2009 YOMITIME, A Division of Inter-Media New York, Inc. All rights reserved


お特な割り引きクーポン。
プリントアウトして
お店に持って行こう!

Vol.107:2009年2月20日号
イベント情報






 連載コラム
 [医療]
 先生おしえて!

 [スポーツ]
 ゴルフ・レッスン

 NY近郊ゴルフ場ガイド


 [インタビュー]
 人・出会い
 WHO
 ジャポニズム
 有名人@NY

 [過去の特集記事]

 よみタイムについて
 
よみタイムVol.107 2009年2月20日発行号
新総領事に西宮氏
櫻井大使、JS理事長就任へ
100年の歴史、初の日本人


JA理事長に就任する櫻井氏

 外務省は2月5日付けで、ニューヨーク総領事館の総領事・大使(官房付)に外務省北米局長の西宮伸一(にしみや・しんいち)氏を任命した。前任の櫻井本篤氏は、4月7日付でジャパン・ソサエティー(JS)の新理事長に着任する。
 新しい大使になる西宮氏は、52年生まれ。東京大学法学部第二類卒業後、76年外務省入省。北米局北米第二課長、在ロシア日本国大使館参事官、大臣官房参事官兼アジア大洋州局、在中華人民共和国公使、特命全権大使を歴任したあと、07年から北米局長を務めていた。在任中は、尖閣諸島問題、日中漁業問題、日米安全保障問題などに取り組んでいた。
 また、櫻井氏は、第19代の理事長に就任する。1907年に同ソサエティーが創設されて以来、初の日本人理事長になる。
 櫻井氏は68年三菱商事に入社、25年以上に及ぶ海外生活の中で24年を米国に過した。03年から米国三菱商事社長を務め、06年に民間出身の初の在ニューヨーク総領事・大使に任命された。
 櫻井氏は「ジャパン・ソサエティーは100年以上にわたり、日米の架け橋となっているが、両国の間にはさらなる相互理解、よりよい関係を築く機会が存分に残されている。そのためにソサエティーとしての担う役割は重要かつ不可欠であると認識している。これからさらなる飛躍を目指して取り組んでいきたい」と抱負を語っている。
 JSは、1907年にニューヨークで設立された米国の民間非営利団体。日米間の相互理解と友好を促進するため、多岐に渡る活動を続け、07年に100周年を迎えた。活動内容は政治、経済、芸術、文化、日本語教育など幅広い分野にまたがる各種事業や人物交流を通じて、グローバルな視点から日本理解を促してきている。
 会員には日米の政財界のリーダー、アーティスト、個人、法人、学生など。講演、映画上映、セミナー、展覧会などのワークショップを開催している。