Copyright (C)2010 YOMITIME, A Division of Inter-Media New York, Inc. All rights reserved


お特な割り引きクーポン。
プリントアウトして
お店に持って行こう!

Vol.131:2010年2月26日号
イベント情報






 連載コラム
 [医療]
 先生おしえて!

 [スポーツ]
 ゴルフ・レッスン

 NY近郊ゴルフ場ガイド


 [インタビュー]
 人・出会い
 WHO
 ジャポニズム
 有名人@NY

 [エッセイ]
 NY人間模様
 世界の目、日本の目

 [イベント]
 1押しオペラ

 [街ネタ]
 おでかけナビ

 [特集バックナンバー]

 よみタイムについて
 
よみタイムVol.131 2010年2月26日発行号
アルゼンチンの夕べ
ギタリスト・大竹史朗
独立200年祝う式典で演奏

ニューヨーク在住のギタリスト、シロ・エル・アリエーロ(大竹史朗)が3月20日(土)午後5時30分から、市内22丁目の「グスタヴァス・アドルフ教会礼拝堂」で『アタウアルバ・ユパンキの祖国へのオマージュコンサート&ディナー』と題した「5月革命アルゼンチン共和国独立200年」記念コンサートで演奏する(後援・在ニューヨークアルゼンチン共和国総領事館)。
 記念コンサートでは、従来のフォルクローレに加え、自身のアイディアによる、南米音楽とバッハの融合をめざす「アルゼンチン風バッハ」を2曲初演する予定。
 コンサートのあとは、アルゼンチン料理によるビュッフェスタイルのディナーが用意されている。料金はディナー付きでひとり30ドル。コンサートだけは15ドル。
 大竹は、東京生まれ。フォルクローレ・ギターの最高峰アルゼンチンのアタワルパ・ユパンキに触発され、16歳の時よりクラシック・ギターを鈴木巌氏に師事。88年単独渡来し、翌89年にはアルゼンチンのユパンキの自宅に招かれ、氏より直接演奏法の指導を受ける。以降ニューヨークを拠点に、ユパンキの作品にオリジナルナンバーを加えたレパートリーで演奏活動を始める。

3月20日(土)5:30pm開演
グスタヴァス・アドルフス教会礼拝堂 
155 E. 22nd St.