Copyright (C)2013 YOMITIME, A Division of Yomitime, Inc. All rights reserved
Vol.207:2013年6月7日号
イベント情報






 連載コラム
 [医療]
 先生おしえて!

 [スポーツ]
 ゴルフ・レッスン

 NY近郊ゴルフ場ガイド


 [インタビュー]
 人・出会い
 WHO
 ジャポニズム
 有名人@NY

 [エッセイ]
 NY人間模様
 世界の目、日本の目

 [イベント]
 1押しオペラ

 [街ネタ]
 おでかけナビ

 [特集バックナンバー]

 よみタイムについて
よみタイムVol.207 2013年6月7日発行号

第2回NYジャパン・シネフェスト
ハイクオリティー長短編16作品

「The Hirosaki Players」ジェフ・ソーサ監督(2010年/20分)



「リリタアル」泉原昭人監督(2011年/8分)

 ニューヨーク発の日本の短編映画祭「第2回NYジャパン・シネフェスト(NYJCF)」が、6月7日(金)と8日(土)、アジア・ソサエティーで開催される。
 日本やアメリカから、日本関連または日本人がかかわる質の高いインディペンデント作品を集めた映画祭だ。
 2回目となる今年は、米国製作の作品に加え、札幌国際短編映画祭での上映作品から、長編を含む3プログラム、合計16作品が上映される。全て英語または英語字幕・吹替え付き。東日本大震災関連の作品も上映される。
 初日7日(金)は、上映終了後に映像作家、プロデューサーらが参加するレセプションが開かれる。
 この映画祭は、ニューヨークを拠点に活躍する鈴木やす(俳優・映画監督)、古川康介(映像作家)、河野洋(イベント・音楽プロデューサー、マー・クリエーション代表)が昨年から始めたもの。

 米国制作は、ニューヨーク初上映となるドラマ部門学生エミー賞シルバー賞受賞の「Usagi-san」、古谷一行やハリウッドで活躍する尾崎英二郎、池端えみなどが出演する「The Hirosaki Players」、日米で活躍する高岡ヒロオ監督作品「Once More」などを含む8作品。
 また短編作品として、中原丈雄や渡辺哲など、日本のテレビや映画で活躍する著名俳優が出演する心理スリラー「スクリプト」を上映。その他にも、アニメーション「663114」、「リリタアル」など、合計7本が登場する。
 長編作品は、日本国内外で様々な賞を受賞した坪田義史監督「美代子阿佐ヶ谷気分」を上映する。
 

プログラム1(米国制作)
6月7日(金)開場6:00pm、上映6:30〜8:30pm

『Hypnocus-Pocused』監督:ヴィクター・タダシ・スアレス(心理スリラー)
『Usagi-san』監督:パトリック・ディッキンソン(ドラマ)
『SVA is...』監督:Who-Fu (アニメーション)
『Once More』監督:高岡ヒロオ (ドラマ)
『The Bridge』監督:シェルダン・シュワルツ (ドラマ)
『Sayonara』監督:エリック・ベイツ (アニメーション)
『Mojave' 43』監督:トーマス・タケモトーチョック(ドラマ)
『The Hirosaki Players』監督:ジェフ・ソーサ(ドラマ)
レセプション8:30〜10:30pm

プログラム2(短編作品)
6月8日(土)開場3:30pm、上映4:00〜5:30pm

『リリタアル』監督:泉原 昭人 (アニメーション)
『Matou』監督:平林 勇 (エクスペリメンタル)
『663114』監督:平林 勇 (アニメーション)
『スクリプト』監督:アルベルト・ベントゥラ (ドラマ)
『へいたいがっこう』監督:伊藤 早耶 (アニメーション)
『転校生』監督:金井純一 (ドラマ)
『自転車』監督:ディーン・ヤマダ (ドラマ)

プログラム3(長編作品)
6月8日(土)開場6:15pm、上映6:45〜8:45pm

『美代子阿佐ヶ谷気分』監督:坪田義史 (ドラマ)

会場:Asia Society
725 Park Ave.(bet. 70th & 71st Sts.)
チケット:(プログラムごと)一般$11
シニア/学生$9、アジア・ソサエティー会員$7
購入はアジアソサエティチケット窓口、またはウェブサイト
https://tickets.asiasociety.org/public/default.asp