Copyright 2009 YOMITIME, A Division of Inter-Media New York, Inc. All rights reserved


お特な割り引きクーポン。
プリントアウトして
お店に持って行こう!

Vol.120:2009年9月4日号
イベント情報






 連載コラム
 [医療]
 先生おしえて!

 [スポーツ]
 ゴルフ・レッスン

 NY近郊ゴルフ場ガイド


 [インタビュー]
 人・出会い
 WHO
 ジャポニズム
 有名人@NY

 [過去の特集記事]

 よみタイムについて
 
よみタイムVol.120 2009年9月4日発行号
僕たち都会のトラック農民!
「食生活を根本から考えてみようよ」


トラックの荷台で野菜栽培を試みる二人
(photo: Nobutoshi Mizushima)

 ニューヨーク市ブルックリンの路上に出没する「トラック農場」が、市内のメディアで取り上げられ、話題になっている。ブルックリン在住のドキュメンタリー映画監督、イアン・チェニーさん(29)と、カート・エリスさん(29)が、今年5月から始めた。トラックの荷台で育ったオーガニック野菜の収穫高は、すでに大きなショッピングカート2個分の量。
 パークスロープの外れにある彼らの映画制作会社を訪ねると、付近の路上にトラック農場が何気なく停められていた。荷台にはプチトマトが赤々となり、バジルがうっそうと茂り、レタスが芽を出し、ピーマンが収穫間近だった。
 イエール大卒の秀才二人が、なぜトラックの荷台で野菜を作っているのか。実はこのトラック農場には、「環境や、健康な食生活について考えようよ」という彼らのメッセージが託されている。彼らが作るドキュメンタリー映画のテーマも環境保護。遺伝子組み換え食品を取り上げた作品「キング・コーン」は評価も高く、日本でも劇場公開された。
 とはいえ、二人には気負った様子はない。あくまでも野菜作りを楽しんでいるだけだ。「近所の子どもがバジルを盗んでいくんだよね」とカートさんは笑う。映画制作の合間を縫って、トラックごと売りに歩くこともあるが、注文がくると配達もするし、近所の人が買いに来るなど、「いろいろさ」。
 「僕たちがトラックの荷台で野菜を育てられるんだから、だれにでもできるよって、言いたいんだ」とイアンさんは言う。現在、次のドキュメンタリー作品にと、このトラック農場をフィルムに記録中。
 「食べてみる?」とイアンさんが真っ赤なプチトマトを枝からもぎ取った。「ね、悪くないだろう? トラック農場はデトロイトの最後の望みだと思うんだけどなあ。アメリカのオートメーカーは、荷台に農場施設を完備したトラックを売り出すべきだよ」と冗談を飛ばす二人だった。


映画「KING CORN」
遺伝子組み換えコーンを追って


 大学の研究所で、髪の毛を分析してもらったイアンとカートは、「君たちの体はコーンでできている」と言われ、当惑する。スーパーマーケットの食品の成分をチェックし、ほとんどにコーンスターチやコーンシロップ、コーンミールなどの精製コーンが入っていることに気付くと、二人のコーン追跡が始まった。1年間アイオワ州に移住。畑を借りて、遺伝子組み換えのコーン栽培を試みた。収穫したコーンは、人間が食べられるようなものではなく、すべてが家畜の飼料や、コーンシロップ、コーンスターチなどの精製食品の原料になる。遺伝子組み換え食品世代のアメリカを、たんたんと描いた作品だ。一見の価値あり。

www.kingcorn.net