Copyright (C)2013 YOMITIME, A Division of Yomitime, Inc. All rights reserved
Vol.213:2013年9月6日号
イベント情報






 連載コラム
 [医療]
 先生おしえて!

 [スポーツ]
 ゴルフ・レッスン

 NY近郊ゴルフ場ガイド


 [インタビュー]
 人・出会い
 WHO
 ジャポニズム
 有名人@NY

 [エッセイ]
 NY人間模様
 世界の目、日本の目

 [イベント]
 1押しオペラ

 [街ネタ]
 おでかけナビ

 [特集バックナンバー]

 よみタイムについて
よみタイムVol.213 2013年9月6日発行号

バレエ奨学金、子供に
バレエ&生演奏公演9月29日
針山バレエ代表 針山 真実 さん


今回の公演はプロのダンサーと共に子供たちも何人か出演する



針山バレエスクール主宰者
針山真実さん

 針山バレエスクールの主宰者、針山真実さんが、9月29日(日)、アッパーウエストサイドのリバーサイド・チャーチ劇場でバレエ公演を行う。名付けて「ホープ、ドリーム、ハピネス」プロジェクト。子供たち(3歳〜高校生)を無料で招待し、大人の入場料で劇場使用料と諸経費を賄ったら、残りの収益は子供たちのバレエ奨学金に充てる。午後2時と4時半の2回公演だ。
 多くの子供たちにバレエを教える針山さんは、「何でも吸収し、個性豊かな子供たちが大好き」。しかし、コストがかかるためにバレエを習えない子供たちや、続けられない子供たちをたくさん見てきた。
 「みんながバレエを習える環境を作りたい」という願いのもとに立ち上げたのが、このプロジェクトだ。
 「企業などからの支援を得られれば素晴らしいですが、なかなか難しいので、初イベントとなる今回は、まずしっかりした内容で公演を成功させたいです」と、針山さんはあくまでも地道な活動を目指している。
 公演では、クラッシックバレエ、クラッシック音楽、ジャズ、タップダンスなど、さまざまな分野の芸術を融合させる。
 4年に一度のロシアのチャイコフスキー・コンクールで優勝したバイオリニスト、神尾真由子さんも友情出演する。針山さん自身が「白鳥の湖」を踊るほか、プロのバレエダンサー、タップダンサー、ピアニスト、クラリネット奏者など、盛りだくさんの内容となる。

 針山さんは大阪府吹田市出身。音楽家の両親のもと、3歳でバレエとピアノを始める。恵まれた環境のようだが、「バレエを続ける難しさ」は自ら経験した。
 「中高とバレエに打ち込みましたが、ひどいアトピー体質だったことや、バレエで自立できるのかという不安から、2回ほどバレエをやめました」と話す。
 思春期にアトピー体質が悪化。副作用が激しいステロイド治療を途中でやめると全身が膿んだ。うつ状態で引きこもるようになり、すでにバレエで自立していた姉と自分を比較して落ち込んだ。
 「死ぬことも頭をよぎりましたが、死ぬ勇気があるなら、人生をもう一回頑張れるところに行きたいと思い、20歳のときにニューヨークに来ました」
 高校生のときに姉と訪れたこの街に、「世界にこんなところがあるのか」と、ひどく感銘を受けていたからだ。
 自力でアーティストビザを取得すると、バレエスタジオでピアノを弾きながら生活を支え、2005年からバレエを教え始めた。口コミで生徒が増え、今のミッドタウンのスタジオに移って3年になる。
 「ホープ、ドリーム、ハピネス」プロジェクトとして今後も活動を広げ、小中高生を対象に、オーディションをした上で資格があると判断した子供たちに、バレエレッスン用奨学金を授与していく。

■9月29日(日) 2:00pm/5:00pm
■会場:リバーサイドチャーチシアター
 91 Claremont Ave.
 (bet.120th & 122nd Aves.)
■子供無料(3歳〜高校生まで大人1人につき子供1人)
 大学生$15、一般$35
■問合せ/購入
 mperformingarts11@gmail.com
 TEL: 646-676-9275
■針山バレエスクール
 58-60 W. 39th St. #3E
 (bet. 5th & 6th Aves.)
 TEL: 347-451-1801
 hariyamaballet@gmail.com
 hariyamaballet.web.fc2.com