2020年3月20日号 Vol.370

中村愛音インスタレーション
「Circle hasu」
30日はパフォーマンスも



歌手・作曲家・パフォーミングアーティスト中村愛音(Aine Eva Nakamura)=写真=が、ニューヨーク大学内ギャラリーでインスタレーション展「Circle hasu」を開催する。
3月30日(月)には、パフォーマンスも行う。「声と体のパフォーマンスです。自然讃歌、蓮、反戦、そして女性の体に関する物語です」と中村。シアトル近郊に生まれ、米国で幼少期を過ごした後、日本で育った。「自分はトランスナショナルという自覚があり、この作品も国境を超えた自然との関わりを模索するものです」と話す。パフォーマンスでは、中村作曲の旋律、声の即興、体の動き、日本語と英語の言葉が物語を紡ぐ。個展タイトル「蓮」から、女性の体、反戦のテーマまでを歌い、物語る。
ニューヨークという大都会で、自然のテーマを扱い続けることにこだわり、制作・発表してきた。今回の展示作品、自然という繊細なテーマが伝わりやすいように、人間社会の難しい側面にも光を当て、深みを伝える。
中村は、日本でクラシック音楽を学び、その後、沖縄うた三線の登川流呉屋功氏に師事した。ニューヨークではJazz and Contemporary Music of the New Schoolでジャズを、ニューヨーク大学では作曲を学び、既存の音楽に捉われない微分音や、空間のあるリズムを使用して、独自の前衛作曲を行う。

■キャンセル
■会場:Gallatin Galleries:
 1 Washington Pl.
■入場無料
★アーティストH P:www.evaaine.com



HOME