2018年7月13日号 Vol.329

アイスクリーム・ミュージアム再登場!
こだわりの味、7種販売
「パイント・ショップ」

パイント・ショップ
楽しみながらアイスクリームの基本を学ぶ「テイスティング・ルーム」(要予約・有料)

パイント・ショップ
7種類のオリジナルアイスを販売 THE PINT SHOP by The Museum of Ice Cream(MOIC), All photos by GRIFFIN LIPSON)


2016年夏、ニューヨークに出現した期間限定の「アイスクリーム・ミュージアム(Museum of Ice Cream)」が、形を変えて再登場。前回は、アイスクリームをテーマにしたポップでユニークな展示がメインだったが、今回の主役はずばり「アイスクリーム」。その名も「パイント・ショップ」(無料・先着順で入場)が営業中だ。
アメリカの小売店で販売されるアイスクリームは「1パイント」(473ml)の容器が定番。「パイント・ショップ」では、7種類の1パイント容器入オリジナル・アイスクリーム(4ドル99セント)を販売。「味にこだわった」という商品は、そのネーミングも面白い。チュロ入りシナモンアイス「チュロ・チュロ(CHURRO CHURRO)」や、クッキー入りチェリーアイス「チェリーシャス(CHERRYLICIOUS)=cherryとde licious」、ウエハー入りバニラアイス「バニリオネア(VANILLIO NAIRE)=vanillaとbillionaire」など、遊び心に溢れている。
また、初の試みとなる「テイスティング・ルーム」(有料・要予約)は、体験型インスタレーション。参加者は用意されたピンク色のラボコートを着用し「実験室」へ。テーブルの上に設置されたスポイトや試験管でアイスクリームの基本、バニラのテイスティングなどを行う。
その他、前回大人気だった没入型展示も健在。巨大な「チェリーシャス」のパイント内=表紙写真=にダイブできる。他に類を見ないユニークなアイス専門店だ。
※店内での買い物は、クレジットカードまたは「Apple pay」のみ。同ブランドのアイスクリームは「ターゲット」でも取り扱い中。

The Pint Shop-Museum of Ice Cream
■8月まで ※火曜定休
 12:00pm〜9:00pm(入場8:30pmまで)
■会場:459 W. 14th St.
■入場無料
■テイスティング予約:$33(1パイントアイス付)
www.museumoficecream.com/pint-shop



HOME